刺繍糸 収納ボックスを作る

刺繍糸 収納ボックスを作る

使いかけの糸もそのまま保管できる、見えやすい刺繍糸収納ボックスを作る

使いかけの糸もそのまま保管できる、見えやすい刺繍糸収納ボックスを作る


”探してみたけど見つからないので作っちゃったシリーズ”
〜刺繍糸収納ボックス編〜。
今年の始めに作ったが、全然刺繍している時間が無く、結局そのまま放置・・という悲しい現実なのだけど。
私はなんでも”一覧”で見たい人。パッと見てわかる、っていう状態が何より好きなのだ。刺繍糸の収納箱ってあるんだけど、この”パッと見てわかる”っていうのがなかなか無い。なので自分で作りました。
1)手持ちの糸が全部一覧で見える事。
2)分けた残りの糸(刺繍は糸を分けて使うので)をストレス無く収納し、使う時もすぐに使える事。
3)箱のフタは片手で処理できるものである事。

この3つの条件を網羅するに試行錯誤したあげく、以前義妹からもらった筑紫餅の箱がベスト♩と判明。
餅を全て食べた後(^0^)、中の仕切りを息子ちゃんの使いかけの方眼用紙で作る。方眼用紙は目盛りが入っているのでいちいち計る必要が無い。なるべく楽に作る。これ重要です!
そんなこんなでこれが出来上がりました。分けた糸をズボっ!と無造作に入れておける、っていうのがポイント高し。