点描画セラピー1 ミニ壁掛け・ムッシュー

点描画セラピー1 ミニ壁掛け・ムッシュー

短時間で点描画を作る

短時間で点描画を作る


紙に点を打つ(点描画)瞑想セラピー第1弾目。
「小さい壁掛けを作ってみる」です。

点描画という手法はかなり古くからありました。
ヨーロッパの古い挿絵などを見ると点描画、線描画、など
何かの集合体で形を表現する手法はとても多く、有名な画家の絵でもご覧になったことがあろうかと思います。

かくいう私も高校生の時、2年半をかけてA1くらいのサイズの大きな点描画を描いたことがありますが
ほとんど写経のような世界でした(笑)。
そんな大げさな点描画はさておいて、
点を打って形を作る、という行為がどれほど瞑想にむいているか、を
つくづく実感しています。

点をただ打つ。行為自体はそうなのですが、この点を”どこに打っていくか”という事が
とても重要で、点を打つ箇所だけに注意を払わず
全体をぼんやりと視界にいれながら、点を打つ箇所をさぐってゆく。
この”全体をぼんやり見る”という事が最大のポイントです。
私たちの生活の中において、これができる時ってほとんど無いのです。
もっともそういうことを職業にでもしている方であれば別ですが
それもまた”仕事”なので少し別の話です。

全体を把握しながら、バランスを見て点をおく、、という事に慣れると
自分の事も冷静に把握できるようになります。
自分がわけがわからなくなるから=心迷ってしまうわけですもんね。
でもただの修行では少しつまらないので
点々で絵を描いてみませんか?というワークにしました。

これは私が切り絵用に以前デザインした絵なのですけど
点で打ったらまた一味ちがう柔らかさと優しさがでました。
黒い厚紙で枠を作って 画鋲で壁にON♩
7cm×7cmくらいの小さいサイズなのでとてもかわいいです。

日々の生活の中で楽しく使えるものになるものをセラピーしながら作ってみる。
点を打つということは=白いスペースを一つ一つ自分の手で埋めてゆく、ということ。
空白だった部分、からっぽだった部分にそっとそっと点を置いてみると
とても静かな時間が生まれてきます。

心roomでは、下絵をご用意してすぐに点描画セラピーができるようにしております。
尚、オリジナルのデザインをご用意するケースもございます。
お一人お一人の生活やお好きなものを大事に楽しむ事を一緒に考えていきたいと思っております。
是非静か時間をそっと持ってみてください。