色えんぴつで塗る


今 生活の中で色えんぴつを使う事って、あまり無いのではないでしょうか。
あの懐かしい感触を覚えていますか?
紙にひっかかる強さで 濃くなったり薄くなったり。。
でもどんなに強く塗っても 決して攻撃的にならない画材=それが色えんぴつです。

500枚の色えんぴつを描く、という企画を通ってきてみて
色えんぴつで塗る、ということをアート瞑想セラピーで使う形にいきついたのは、ごく自然な流れでした。

色えんぴつ瞑想セラピーでは、優しい感触で優しく囲み、塗ってゆきます。
その感覚は 失ってしまった、無くしてしまった自分の時間や、
自信や、愛情や、何かをまるでそっと埋めてゆくような時間になります。

ただ塗る。
空白を埋めて塗る。

これだけを意識するだけで大事な”スペース”があなたの中にできるんです。

私のアート瞑想セラピーのモットーは
「身近なもので、且つ生活の中に根付く」、です。
”ただ紙を塗るだけ”でもセラピーにはなりますが、
毎日の中に見いだす歓びとか楽しみ、がテーマなので
やはり最後には生活を彩る形に一緒にしていきましょう。
そして生活を楽しむこと、笑って暮らすこと。そんなシンプルで最高の毎日を
一緒に感じてみましょう。

→色えんぴつ瞑想セラピーの作品日記はこちらから