アートセラピー

毎日暮らしている中で ちょっとした工夫で身の回りを楽しくすることができます。
それに加えて 日常の中にどんどん湧いてくるストレスを取り除く事も
手作りのものを作りながらできる方法があります。

この「ちょこっと手作り」は手作りサイトであると同時に
この制作をセラピーに使う事もできます。
それはアート瞑想セラピーとも言えますし、
ハンドメイド瞑想セラピーとも私は呼んでいます。

私達の生活の中に日常的にどんどんわいて出てくるストレス。
このストレスというものと闘う日々を私たちは強いられています。
世の中には「ストレスを取る」という様々な方法がありますが
私はずっと長い年月をかけて 
自分でできる毎日のセルフストレスケアを求めてきました。

アートセラピーというと、パステルで曼荼羅を描く、大きなキャンパスに自由に絵の具で描いてみる! 
そんなイメージが浮かんできますが
私のアートセラピーはもっと身近なもので、
且つ生活の中に根付くもので行っています。

なぜそうするのか。

それはなんといっても”続けられる”ものにしたかったから、です。
そして特別な場所でしかできないセラピーではなくて
自宅で簡単にセルフケアができるセルフセラピー法を楽しんで頂きたいのです。

セラピーの場所から自宅に帰るとそれはいつもの日常、ですよね。
家事、仕事、育児、、etc
私もそうでした。その場所ではそのヒーリングの素晴らしさに感動し、
十分癒されます。
すっきりと爽やかに帰ってくるのですが
3日もするといろんな日常に巻き込まれていき、、更に時間が経つと
その時とはまた別の新たなストレスと闘っていたりします。
そんな毎日の中で自分で簡単にストレスを無くしてゆく事ができる
としたらかなり楽になります。

そしてそれ自体を生活の中に組み込んでゆけるもの、にしました。
なぜならば、生活の中にこそ静かでからっぽな時間を持ち、
ちょっとした楽しみの為に続ける、という方式が効果的だから、です。
本当にからっぽな時間を持つ事で
確実にご自身の生活はもっとパワフルに、活動的になっていきます。

★日々のセラピーブログはこちらから

<5種類のハンドメイドセラピー>

私は瞑想をする人ですが、ちょっと瞑想っていうと
敷居が高いひともいらっしゃるし、
始めてみたはいいものの、なかなか続かない、
という方もいらっしゃると思います。
こちらでは そんな方のために確実に続けられて、
しかも生活の中に楽しみも持てる。
そしてなんといっても この空っぽになる時間がどれほどの効果があるのか、
を是非 ご自身の生活の中で体感してください。

優しく色を塗る。空白の欄を埋めてゆく。
色えんぴつの手触りを感じる、色は何を使う?
綺麗な色でそれぞれの枠が満たされてゆく。

そして自分の色を探しながら。。
→色えんぴつで塗る

優しく糸をつむぐ。1目1目と縫う。
毛糸の手触りを感じる、色は何を使う?
編んでゆくのは毛糸であり、自分の心であり。

そして自分の色を探しながら。。
→毛糸を編む

丁寧に紙を切る。1つ1つ窓を開ける。
紙の手触りを感じる、色は何を使う?
窓を開いていくと、美しい流れになっている。

そして自分の色を探しながら。。
→切り絵を切る

線に沿って穴を空ける。1つ1つ道標を作る。
紙を空ける感触を感じる、色は何を使う?
自分だけの道を自分の手で形づくってゆく感覚。

そして自分の色を探しながら。。
→穴を空ける

そっと点を打つ。1つ1つと打つ。
ペン先の感触を感じる、色は何を使う?
全体の調和を感じながら、物語を埋めてゆく。

そして自分の色を探しながら。。
→点をうつ