猫の肉球しおりを作ってみた

島一恵 猫の肉球しおり

島一恵 猫の肉球しおり


本を読むのが好きなのですが 最近はとんと読む機会が減っていました。
読む時も私は何冊かの本を平行して読むのが好きで 読みかけの本がいくつもある状態。
話はそれますが、本や映画を途中で一旦やめる、ということが全く問題無い人です。
女性のほうがそれは簡単なのかもしれません。男性から言わせると「ありえない」という方
結構多いです。女性はお鍋で煮物をしながら、アイロンをかけ、テレビも見る、なんてことは普通の行動だけど、
男性には難しい事らしいのでそのあたりにも関係あるのかもしれませんね。

話は戻り、そんな読書ですが最近また少し読む機会が増えてきました。
毎回思うのは、、「気の利いたしおりが欲しいなあ」と思います。
手元にしおりが無い時など いたしかたなくレシートとかをはさんでしまって凹むことがあります。

でもしおりってさあ買おうと思うとこれまた気に入ったが無かったり、
わざわざ買うにはこれにこの金額ってどうなの?と思う事が多くなかなか買えずにいます。

オリジナル 肉球しおり

オリジナル 肉球しおり

つい先日何かの記事で動物の手のしおりを出しているメーカーさんの記事をちらっとみかけた気がしました。
当然→「ああ、本の上から肉球出したい。。。」こう思ってしまったわけです(笑)
そこで作ってみました♩ 
ロシアンブルーの肉球しおり!PAD BOOKMARK!とでも言うのでしょうか。
まだ初作なので完成度は低いっ(笑)
しかし早速読書中の本にはさんで使ってみると楽しいです^0^/